2017.11.17 Friday

校正・校閲力養成講座へ行ってきました!

文章にかかわるすべての実務に役立つ「校正・校閲力養成講座」へ行かせていただきました。

総務・経理のわたくし、ほとんど文章にかかわっておらず、前日は緊張のためほとんど眠れませんでした。
2017年11月6日。10時からスタートし、
まず講師の方が…「校閲ガールって言うドラマがありましたが本を読むのが大好き、漢検の1級を持っていて、熟語やことわざをたくさん知っていて、さらに文章を書くことがとても好きな方が校正、校閲という仕事に向いていると思われているかもわかりませんが実は一番大切なことは『気づき』なんです。『あれ?これって?』と疑問に思う。この気づきがないと文字の間違いや、間違った情報を見落とすことがある。気づきがとても大切です」とおっしゃったとき、肩の力が抜けていいスタートが切れました。




10時〜12時 社会環境の変化に対応する。校正・校閲の力を身につける
13時〜15時 誤りを防ぐための基本である校正・校閲マインドを身につける
15時20分〜17時3分 改めて人に聞けない校正・校閲の基本を学ぶ
校正ミス=文字(文字・体裁)のミス
校閲ミス=情報のミス
数字には特に注意が必要
誤字より脱字の方が実は怖い
言葉だけでなくデザイン的なミスにも気づけるように
などなどクイズ形式で楽しく詳しく教えていただきました。

細かいミスは何人もの厳重なチェックを潜り抜け、世に出たときにはとんでもない大間違いに!!たった一文字入っていたり、抜けていたりで大ごとです。アレルギーの誤表示に関しては命にまでかかわってきます。謝って済むレベルではありません。そう思うと改めて校正作業には緊張感が走ります。

午後は事前に出されていた課題(あなたの常識チェック力)に基づいてのお話。おもに広告、カタログ校正の演習です。赤字検版、突き合わせと読み合わせ、あおり校正の仕方、赤字の入れ方のよい例、悪い例など詳しく説明していただきました。
ふと頭をよぎったのは分厚いアスクルのカタログ。いくつもの厳しい視線が突き刺さるほどチェックされ、突き合わせ、読み合わせ、辞書で確認、クライアントに確認、赤ペン修正、蛍光マーカーで消し込みされ、やっとのことで私の手元まで来た1280ページ!!校正された方を大変お疲れさまでしたとねぎらい、そしてカタログをギュッと抱きしめたい気分です。

受講者のほとんどは編集者、ライター、記者、広報、広告クリエイティブとそうそうたる面々。総務経理のわたくしが恐れ多くも受講させていただきました。これから校正させていただく機会には、頭を真っ白にして「気づき」を大切に、読む人、買う人の立場になって皆さんのお手伝いができたら(えらそうに・・・すみません)嬉しいです。

先日、パスタのお店での張り紙「モチモチのパスタと特性ソースをご家庭で。お持ち帰りができます」ムムム〜ッ!!特性?特製?パスタが冷めるのも忘れてジーッと見入ってしまいました。と、あちこちの文章が気になる土居依子がお送りしました。


人気ブログランキングへ
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
Latest Entries
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode