<< 社員研修「販促EXPO2018」からの新入社員歓迎会♪ | main | 【イトウサトコ】誕生日研修〜骨格診断セミナーへ行ってきました! >>
2018.08.01 Wednesday

【みやしためぐみ】お誕生日研修に行かせていただきました!

5月にいただいたお誕生日研修、遅くなってしまいましたが7月4日に行かせていただきました。
迷いに迷い、土居さんに教えてもらった「ストアカ」から選び抜きました!
お勉強してきたのは「茶道」
私も、もういいお年頃……。知らない!では恥ずかしい年齢になっています。
日本人として、女性として知っておきたかったお茶の点て方を勉強させていただきました。

茶道は長い歴史の中、はぐくまれてきた美しい日本の文化であり総合芸術です。お道具には、日本各地の伝統工芸品をはじめ、お花やお香、和菓子など、とても奥深いものがあります。このように五感をフルに使うものは茶道以外にみあたらないのでは……と思いました。

お稽古の心得として、身だしなみは時計や指輪ブレスレットなどは茶道を傷つけるおそれがあるので外します。また、ミニスカートやノースリーブ、畳を傷めてしまうような服装は避けるとのこと。また、素足は不快となる為白い靴下をはくことが厳守されています。
身だしなみを整えたら、お茶を点てる準備をします。
扇子を手前に置き、袱紗でお道具を清めます。茶碗にお湯を注ぎ茶せんを洗います。お湯を捨てたら、茶杓を手に取り「お菓子をどうぞ」のお辞儀をします。二杓お茶をいれお茶を点てます。コツは茶せんを回したりせずに上下に手首を動かしてさらさらと点てます。均等な細かい泡ができたら「の」の字を描いて茶せんをもとの位置に置きます。茶碗を右手でとり、左手で扱ってまわし相手に正面を向けてお茶をお出しします。いただいた方は「お手前頂戴いたします」の挨拶を受けます。

お茶をいただいた感想は、思っていたよりもとてもまろやかな味。泡立った抹茶が口の中でさらさらと消え、抹茶の香りも味わうことができました。いただいたのは、見た目もかわいいすいかのお茶菓子。お茶菓子の甘さと、お抹茶のほろ苦さが絶妙でした。

今回の研修で茶道を通してたくさんのことを学びました。
お茶は一人ではできません。テキストや動画に頼りがちになってしまいますが、頭の中で分かっていてもなかなか上達できません。先生やほかの方の所作を見て真似ることで自分自身の身につくというもの。また、茶道に限らずですが、「学ぶ」という時は自分の気持ちが素直であることがとても大切だなと改めて実感しました。このことは教わり上手になる一番の近道。素直に知ることを楽しんで、様々なことを学んでいきたいと思いました。
お稽古で会得した美しい所作。お稽古をしたからすぐにできることではなく、やはり継続は力なり!自然にできるようになればそれはとても素敵なことです。茶道の相手を思いやる心、そして美しい所作を身につけ、日々の生活で生かすことを目標にしていきたいと思います。

早速お道具を用意して、いつかIt'sのみんなにお茶を点てたいと思います。

社長、このような素晴らしい経験をさせていただき大変感謝しております!
本当にありがとうございました。

人気ブログランキングへ
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
Latest Entries
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode